外貨預金とは?初心者が知っておきたいメリットと注意点

低金利が続く昨今、日本円で銀行にお金を預けていても、大きな利息は期待できないのが現状。そこで注目されているのが、日本円をドルなどの外国のお金に換えて預ける「外貨預金」です。
この記事では外貨預金の特徴から、メリット・デメリットや注意点など、これから始めたい人向けにわかりやすく紹介します。

外貨預金の仕組みは?日本円の預金との違い

外貨とは、その名のとおり外国の通貨。では、外貨預金は日本円の預金とどう違うのか、仕組みを解説します。

日本円を外国通貨に交換して預金し、日本円で払い戻す

日本円で銀行に預金し、日本円で払い戻すのが通常の預金の取引です。一方、外貨預金は日本円を外国通貨に交換して銀行に預金し、日本円に交換してお金を払い戻します。日本円を預け、日本円で払い戻される仕組みだけを見ると、日本円の預金と同じですが、為替レートの変動によって、預け入れ金額と払い戻し金額に差が出るのが特徴。この差額が、利益になることもあれば、損失になることもあるのです。

加えて、外貨預金の金利に応じて利益を得ることもできます。外貨には米ドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、イギリスポンド、ユーロなどがあり、通貨によって金利もさまざま。取引を行う銀行で取り扱いのある通貨の中から、自由に選んで預金することが可能です。

外貨預金を行う際のTTS、TTBとは?

外貨預金を通じて円を外貨に交換して預ける、あるいは外貨を円に交換して引き出すということは、円とほかの通貨との売買であり、すなわち外国為替取引が生じます。この異なる通貨の売買(交換)の比率を「為替レート」や「為替相場」と呼び、お金を預けるときと引き出すときで、以下2種類の呼び名が存在します。

・TTSレート
TTSとは「Telegraphic Transfer Selling rate」の略で、銀行が外貨を販売するときの売りレートを意味します。外貨預金を行う側から見ると「お金を預けるときの為替レート」です。

・TTBレート
TTBは「Telegraphic Transfer Buying rate」の略です。銀行が外貨を買い取る際の買いレートのことで、外貨預金を行う側から見れば、「預けていたお金を引き出すときの為替レート」です。

TTS、TTBのいずれも、各銀行が定める為替手数料を含めたレートです。例えば、米ドルが1ドル100円、為替手数料が1ドル1円だった場合、TTSは101円となり、100ドルの外貨預金をするなら、日本円で10,100円が必要。同条件でTTBは99円ですから、外貨預金100ドルを払い戻すと9,900円を受け取ることになります。

外貨預金をするなら知っておきたい「円高・円安」の関係

ニュースなどでよく聞く「円高」と「円安」ですが、外貨預金とも密接に関係していることはご存知でしょうか。円高と円安の関係について紹介します。

そもそも円高・円安って?

円高・円安は、ほかの通貨に対し、円の相対的価値が高いか低いかを表しています。米ドルが1ドル100円だった場合を基準として考えてみましょう。

預けた翌日に為替レートが変動して、1ドルが99円となったとします。前日から比べ99円と1円安く1ドルに交換できるわけですから、ドルが安くなり円が高くなった、すなわち「円高」ということです。
反対に、為替レートの変動により1ドルが101円となった場合には、1ドル交換するためには101円と1円多く支払わなければなりません。ドルが高くなって円が安くなった、つまり「円安」ということです。

外貨預金をするときは円高・円安どちらがいい?

では、外貨預金を運用するときは、円高・円安どちらのタイミングがいいのでしょうか。預入時の為替レートを、米ドルが1ドル100円だったとして考えてみましょう。
100円、つまりは1ドルを預金し、為替レートが変動して1ドル110円と円安になったタイミングで払い戻せば、10円の利益が得られます。反対に、1ドルが90円と円高となったときに払い戻すと、10円の損をすることになります。

これは、「円高のときに預金し、円安の時点で払い戻しを行う」と利益を得ることができるということ。ただし、実際の取引では、前述のように為替手数料が発生します。円安のときに払い戻した場合でも、為替レートの変動の幅や手数料によっては、預金した円の金額より減ってしまうこともあります。

外貨預金のメリットとは?

外貨預金の利益は為替レートの変動に左右されるため、必ずしも利益が出るわけではありません。では、どのようなメリットがあるのでしょうか。

為替レートの変動で円預金よりも利益が狙える

為替レートは日々変動しています。そのため、為替差益と呼ばれる利益が生まれる可能性があるのです。為替差益とは、円高のときに預け入れを行い、円安の時点で払い戻しをすることで得られる利益のことを指します。
為替レートは、国の経済成長率や消費者物価指数などで変動するため、成長率の高い国の通貨を選んで外貨預金することで、利益を得られる可能性が高まります。
IMF(国際通貨基金)が2022年に発表した「世界の実質GDP成長率 国別ランキング 」によると、日本の経済成長率は193ヵ国中158位でした。日本は経済成長に勢いがあるとはいえず、成長率著しい外国の為替レートの変動を狙い、外貨預金を行う人が増えているのです。

高金利の恩恵を受けられる

預金とは預けたお金を元本として、預けた期間に基づいた利息、つまり金利を受け取る仕組みです。外貨預金も同様で、預けた外貨を元本として利息が生じます。外貨はそれぞれの国により金利が異なるため、金利が高い通貨で長期間預金をしていれば、その分大きな利息が付くでしょう。
日本が金融緩和政策によって低金利が続いている中、外国通貨は相対的に金利が高く、長期的に運用することで大きな利益を受け取れる可能性も。高金利の恩恵を受けられるのも、外貨預金のメリットなのです。

外貨預金のデメリットとは?

一方で外貨預金は、円預金とは異なり価格変動のリスクがあるため、デメリットもあります。

為替レートの変動で元本割れする可能性がある

為替レートが変動するということは、良い影響ばかりではありません。選んだ通貨が円高に転じた場合は、金利が多くついたとしても、日本円に払い戻したときに損失が出てしまうリスクがあるのです。
どの通貨を選ぶかは、為替レートの変動を予測することが必要となり、その国の経済や政策の状況を知っておくことも重要です。

確定申告が必要になる場合がある

外貨預金を始めたときに、忘れてはならないのが確定申告です。
外貨預金によって得た利益を「為替差益」、被った損失を「為替差損」といいます。円預金とは異なり、外貨預金の利息や為替差益、為替損益は税法上の雑所得となり、所得税、復興所得税、住民税などが課せられるため、確定申告と納税が必要です。

年収2,000万円以下の給与所得者であり、給与所得以外の為替差益が年間20万円以下の場合、確定申告の必要はないことになっています。ただ、為替差益が20万円を超える可能性は十分にあります。勤めている企業で年末調整される場合、通常は確定申告の必要はありませんから、面倒に感じるかもしれません。ちなみに、為替差損が生じた場合は、確定申告によって控除することも可能です。

「単利」と「複利」の商品があるなど仕組みが複雑

外貨預金の商品には、単利型、複利型の2つの預金形態があります。単利型とは元本にのみ金利が発生するもので、元本が増えなければ受け取れる利息は何年経っても変わりません。複利型は元本とその利息を合わせた金額に対して金利が生じるため、預ける期間が長ければ長いほど、利息が大きくなります。そのため、長期間の運用を考えているのであれば、複利型のほうが有利といえます。

預金保険制度の対象外

預金保険制度とは、銀行などの金融機関が万が一破綻してしまったときに、預金者1人あたりに元本1,000万円まで保護される制度です。外貨預金はこの預金保険制度の対象外となっています。リスクを回避するには、ひとつの金融機関に多額の外貨預金を行うのは避けたほうがいいでしょう。

外貨預金の注意点

外貨預金を始めるにあたって、失敗を避けるために心掛けるべきことをまとめました。

ひとつの通貨に限定して預け入れない

外貨預金を行う場合は、ひとつの通貨だけで預金するのではなく、複数の通貨に分散することがおすすめです。分散しておけば、いずれかの通貨で損失が出たとしても、ほかの通貨で補填できるでしょう。

同じ時期にまとめて預けない

外貨預金は、円高のときに預け入れ、円安のタイミングで払い戻しをするのが理想です。しかし、為替相場の変動を読み切るのは非常に難しいもの。一度に大きな金額をまとめて預け入れるのではなく、何度かに分けて預けることで、レートの変動によるリスクを回避できます。

長期的な運用を行う

外貨預金は短期間のうちに預け入れ、払い戻しを繰り返すと、そのたびに為替手数料が発生してしまいます。そのため、近いうちに使う予定のお金や生活資金などとは切り離した、余裕資金で長期的な運用を行ってください。

金融機関ごとに異なる手数料に注意する

為替手数料は、金融機関や通貨によって異なります。長期間の運用により大きな金利がついたり、為替差益を得られたりしても、払い戻す際の手数料が大きければ、利益を目減りさせてしまうことにも。よく調べた上で比較・検討し、利用する金融機関を決めましょう。

リスクはあるが、円預金よりも利益を狙うなら外貨預金も視野に入れよう

外貨預金の仕組みを正しく理解し、運用することで、高金利の恩恵や為替差益による利益を得ることができます。ただ、預け入れる通貨の流通する国の経済状態によって、為替相場や金利の変化など価格変動のリスクもあります。

そのため、複数の通貨に分散して預け入れを行ったり、預け入れのタイミングをずらしたりしてリスクを抑えながら、運用していきましょう。

外貨預金|新生銀行

【監修】
吉田 祐基
ライター・編集者。AFP/2級FP技能士。マネー系コンテンツの制作が得意。これまで東洋経済オンライン(東洋経済新報社)、日本経済新聞(日本経済新聞社)、Finasee(想研)などで企画・編集・執筆を担当。

 

執筆者プロフィール

  • 本稿は、執筆者が本人の責任において制作し内容・感想等を記載したものであり、新生銀行が特定の金融商品の売買や記事の中で掲載されている物品、店舗等を勧誘・推奨するものではありません。
  • 本資料は情報提供を目的としたものであり、新生銀行の投資方針や相場説等を示唆するものではありません。
  • 金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料を良くお読みいただき、充分にご理解されたうえで、お客さまご自身の責任と判断でなさるようお願いいたします。
  • 上記資料は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を新生銀行が保証するものではありません。

前へ

銀行口座を複数持つ必要はある?使い分けるメリット・デメリット解説

次へ

見上げてみよう、夜の空。初心者でも今日から楽しめる天体観測のコツ