お金を増やすには?そのためにできる方法と注意点

豊かな生活を送れるどうかを決める要素はいろいろありますが、そのうちのひとつに「お金」があります。お金がすべてではありませんが、人生100年時代といわれる中、「老後2,000万円問題」が取り沙汰されたこともあり、お金について不安を抱いている人は多いでしょう。
お金の心配をせず、安心して日々を過ごすためには、手元のお金を増やす努力も必要です。ここでは、お金を増やすためにできる方法と、気を付けておきたいポイントについて解説します。

お金を増やす基本はこの3つ!

お金を増やす基本的な方法は、「節約する」「収入を増やす」「資産運用する」の主に3つ。「すでに知っている」という人も多いかもしれませんが、あらためてそれぞれのポイントをご紹介しましょう。

節約する

節約をしても、今持っているお金を増やすことはできませんが、手元のお金を増やすためには効果的です。また、節約には、「今すぐ誰でもできてリスクが少ない」というメリットがあります。
一方、節約できる額には限りがあるため、劇的な効果を出すのは難しいでしょう。また、無理な節約でストレスが溜まったり、考え方の相違から家族間でトラブルが起こったりすることがあるかもしれません。

できるだけ無理なく、節約効果を高めるためには「固定費の削減」がおすすめ。固定費は毎月定額でかかる費用なので、一度見直すことで節約効果が長く続きます。保険の見直し、格安SIMの活用、使っていないサブスクリプションサービスや優先度の低い習い事の退会など、検討してみてください。

収入を増やす

収入が増えれば、自ずと今よりお金は増えます。無理な節約で、我慢することなくお金が手に入る点が、収入を増やす方法のメリットです。

収入を増やす方法には、今よりも給料の高い仕事への転職や、副業が挙げられます。ニーズの高いスキルや資格、実績を持っている人であれば、転職や副業が成功する可能性は十分あるでしょう。
とはいえ、リスクもあります。転職でかえって給与が減ったり、人間関係や仕事内容が合わなかったりすることもゼロではありません。また、プライベートの時間が削られたり、過重労働による心身の不調を起こしたりする可能性があるなど、そもそも転職や副業が必ずうまくいくとは限らない点に注意が必要です。

資産運用する

株式や不動産、投資信託などの資産運用を行うことも、お金を増やすことにつながります。

資産運用のための投資は、節約や収入を増やすための副業のように、大きく現在の生活を変える必要がない方法。今あるお金を育てるわけですから、無理なく始められます。一方で、投資にはリスクも付き物。失敗すれば元手を減らすことになりますから、投資先や投資手法には十分、注意しなければなりません。

投資を始める人が押さえておきたい3つの注意点

投資はお金を増やす方法のひとつですが、必ず増やせるとは限りません。仕組みがよくわからないまま投資を始めると、大きな損失を被る可能性もあります。
そこで、投資でお金を増やすために注意したいポイントを、3つに絞ってご紹介します。

余裕資金(余剰資金)で始める

投資は、今あるお金を増やす方法であり、最初に投資資金を用意する必要があります。
例えば、株式投資において、最低購入金額10万円(1,000円×100株)の株式を購入したとします。その後、1株が1,200円に値上がりしたタイミングで売却すると、合計12万円が手に入り、2万円の利益が得られます(税金や手数料を考慮しない場合)。また、株式を保有しているあいだは、配当金や株主優待を受け取れる可能性もあるのです。
しかし、このメリットを得るためには、最初に10万円の投資資金が必要。また、購入後に株価が下落して1株500円になってしまった場合、そのときに売却すれば5万円の損失が出てしまいます(手数料を考慮しない場合)。

株価が上がるかどうかの予測は、投資のプロでも難しいもの。投資を行う時点で、投資資金が将来的にプラスになるかどうかは、当然ですが約束されているわけではありません。そのため、教育資金や車検代といった「絶対に減らしてはいけないお金」は、投資資金に回さないようにしたいところ。投資は、近い将来必要となるお金を除いた、「なくなってもなんとかなる」余裕資金(余剰資金)で行うのが鉄則です。
それぞれの家庭によって余裕資金の額は異なるため、現在の貯蓄状況や月々の収支に合わせて、「月収の1割」「月1万円」「貯金額の半分」など、投資に回すお金を決めておくといいでしょう。

人任せの投資を避ける

さまざまな種類がある、投資商品。投資に関するハウツー本やノウハウ動画も多く、投資を始める前に参考にする人もいるでしょう。もちろん、投資知識を身に付けるために、本や動画などを参考にするのは問題ありません。しかし、最終的にどの商品を選ぶのか、決めるのは自分です。

それぞれの人の投資スタイルや金銭的な余裕、目標などによって、投資すべき商品は変わります。誰かの言葉を全面的に信用するのではなく、自分自身で商品の特徴を知り、良い面と悪い面を理解した上で検討してください。これは、友人や知人、親戚などからのおすすめや、証券会社や銀行担当者の意見なども同様です。
他人は、投資で損をしても責任をとってくれることはありません。最終的には自分自身で判断しましょう。

投資の手法は「長期・分散・積立」が基本

投資の世界には、リスクを軽減するために「長期・分散・積立」と呼ばれる、王道の原則が存在します。
これら3つを、それぞれ詳しく解説していきます。

・長期
長期とは、投資商品をすぐに売却することなく、長期保有を前提とした投資のこと。株式や投資信託のように、価格が上下に変動する投資商品は、長期保有を前提にすることでリスクを抑えながら、お金が増える可能性を高めることができます。一時的に価値が下落しても、長期的に保有していれば回復を待つことができるため、リスクを抑えられるのです。

・分散
分散は、ひとつではなくさまざまな商品に分散して投資することを指します。投資の世界には「卵はひとつのカゴに盛るな」という格言があります。これは、複数のカゴに卵を盛っておけば、そのうちひとつのカゴを落としてしまっても、ほかのカゴは影響を受けずに済むという教え。

同じ株式でも、A社に100万円を投資するより、A社、B社、C社、D社、E社に20万円ずつ投資するほうがリスクを分散することになるため、リスクを軽減できるといわれています。

・積立
積立とは、一括で投資商品を購入するのではなく、定期的に分割で購入することです。価格変動のある投資商品は、安いときに買えば今後、値上がりする可能性が大きくなります。しかし、値動きを見極めるのは困難。そこで、一定額ずつ分割して継続で買えば、価格が高いときは少なく、安いときに多く買うことができるため、購入タイミングに迷うことなく、リスクを抑えながら投資ができるのです。

知っておきたい金融商品の種類と特徴

金融商品には、さまざまな種類があります。預金・債権・株式・投資信託の特徴を理解し、リスク許容度や目的に合ったお金の運用先を検討しましょう。

預貯金

銀行にお金を預ける円預金は、元本割れすることのない安定的な投資商品です。ただし、超低金利時代の昨今では、増える利息は微々たるもの。また、インフレで物価が上がれば、お金自体が減っていなくてもお金の価値が減ってしまいます。

ただ、同じ預金の中でも外貨預金は、為替の変動によって元本割れする可能性があります。例えば、1ドル120円のときに100ドルを外貨預金に預けると1万2,000円支払うことになります。しかし、引き出すタイミングで1ドル110円になっていれば、1万1,000円しか引き出せません(手数料を考慮しない場合)。つまり、1,000円の損失となるわけです。反対に、1ドル130円になっていた場合は、1万3,000円を引き出すことができるため、1,000円の利益が出たことになります。

債券

債券とは「一定期間経過後に、決まった額を受け取れる」有価証券のこと。一般的には、国や企業が投資家から資金を借りるために発行するものです。満期が定められており、債券を発行する国や企業が破綻しなければ、満期には額面金額が戻ってくるほか、利息もつきます。比較的安全性が高く、預金よりも高利回りの場合が多い金融商品です。

債券には、国が発行する「国債」と企業が発行する「社債」があり、さらに日本だけでなく、外国債や外国社債もあります。 一口に債券と行っても種類によって利回りやリスクは異なるのです。

株式

株式は、株式会社の株を購入して配当金や株主優待を受け取ったり、安い価格で買って高い価格で売ることで売却益を得たりする投資手法のことを指します。そもそも株式とは、株式会社の所有権の一部を指し、株式を購入することは、出資して株式会社のオーナーの一人になるということです。株式会社は出資に対して利益の一部を分配することで、配当金が得られます。
成長が見込まれる企業の株式を購入すれば、多額の利益を得られる可能性があります。ただ、必ず株価が上がるとは限らないため、投資先の企業を見極めなければなりません。

投資信託

投資信託は、投資の専門家が投資家から集めたお金をひとつの資金としてまとめ、株式や債券などに分散投資する手法です。どのように投資するかは、投資信託それぞれの運用方針によって異なります。
投資信託は投資先となる企業を自分で選ぶ必要がなく、自然に分散投資ができます。特に、積立形式の投資信託は、長期、分散、積立の3つの要素をすべて満たせる金融商品のため、投資初心者におすすめの商品といえるでしょう。投資信託も元本保証されているわけではないですが、株式と比べると、初心者にとっては投資しやすい商品といえます。

まずは「なぜお金を増やしたいのか」から考えよう

お金を増やすためにはまず、「どれくらい増やしたいか」「何のためなのか」「どのような方法が合っているのか」など、お金と向き合って考える時間が必要です。
今持っているお金はいくらで、収入と支出はいくらなのかを把握した上で、節約、収入アップ、投資の中から、自分に適した方法で始めてみてください。

【監修】
吉田 祐基
ライター・編集者。AFP/2級FP技能士。マネー系コンテンツの制作が得意。これまで東洋経済オンライン(東洋経済新報社)、日本経済新聞(日本経済新聞社)、Finasee(想研)などで企画・編集・執筆を担当。

 

執筆者プロフィール

  • 本稿は、執筆者が本人の責任において制作し内容・感想等を記載したものであり、新生銀行が特定の金融商品の売買や記事の中で掲載されている物品、店舗等を勧誘・推奨するものではありません。
  • 本資料は情報提供を目的としたものであり、新生銀行の投資方針や相場説等を示唆するものではありません。
  • 金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料を良くお読みいただき、充分にご理解されたうえで、お客さまご自身の責任と判断でなさるようお願いいたします。
  • 上記資料は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を新生銀行が保証するものではありません。

前へ

ハーブで安全に虫よけしよう!おすすめハーブ9選