プリペイドカードとは?種類やメリット・デメリットを解説

プリペイドカードは、事前にお金をチャージ(入金)して使う決済手段です。チャージした分しか使えないため使いすぎの心配がなく、キャッシュレス決済のひとつとして利用されています。
一口にプリペイドカードといっても、入金方法やカードの形態などに違いがあります。そこで、プリペイドカードの特徴やクレジットカードとの違いのほか、メリット・デメリットについて解説します。

プリペイドカードは前払い式のカード

プリペイドカードは「プリペイド(prepaid:前払い)」という意味のとおり、あらかじめお金をチャージ(入金)しておき、その範囲内で買い物に使うカードです。 コンビニエンスストアやドラッグストア、飲食店等以外にも、オンラインショップでの買い物や、ウェブコンテンツの購入などでも使用できます。
キャッシュレス決済のひとつとして注目されていますが、テレフォンカードやオレンジカードなど、以前からプリペイドカードは身近にありました。クレジットカードと違って審査がなく手軽に発行でき、使用したことがある人も多いでしょう。

プリペイドカードのタイプ

プリペイドカードはどんどん進化し、さまざまなタイプがあります。使い切り型やチャージ型、リアルカード、バーチャルカードなど、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

使い切り型・チャージ型

プリペイドカードは前払い式のカードですが、一度使って終わりの「使い切り型」と、入金さえすれば何度でも使える「チャージ型」の2つに分けられます。

使い切り型のプリペイドカードは、あらかじめ設定された金額のカードを購入して使用するタイプです。 使用するごとに残金が減り、0円になればそのカードは使用できなくなります。代表的な使い切り型のプリペイドカードに、「QUOカード」や「図書カードNEXT」などがあります。
一方、チャージ型のプリペイドカードは、カードにお金をチャージして使うタイプです。入金額は任意で決められ、残高が0円になってもチャージすれば繰り返し使用することができます。 代表的なチャージ型のプリペイドカードに、「Suica」や「楽天Edy」があります。

リアルカード・バーチャルカード

プリペイドカードには、実体のあるカードとして発行される「リアルカード」と、カード番号のみで実体のない「バーチャルカード」があります。

リアルカードの場合、磁気ストライプやICチップを読み取ることで、決済したり残高や履歴を確認したりすることができますが、バーチャルカードはオンライン決済専用です。 残高や履歴はサーバー上に記録されており、決済を行う際には、クレジットカードのようにカード番号を入力します。
なお、リアルカードもバーチャルカードも、使い切り型とチャージ型があります。

国際ブランド付き・特化型

プリペイドカードには、クレジットカードとほぼ同じ店舗で利用できる汎用型の国際ブランド付きと、使用用途が決められている特化型があります。

国際ブランド付きプリペイドカードは、VISAやMastercard、JCBといったクレジットカードの国際ブランドが搭載されたプリペイドカードで、「ブランドプリペイド」「ブランドプリカ」などと呼ばれます。
クレジットカード会社の決済システムを利用して支払いを行うため、該当ブランドのクレジットカードが使える店であれば、広く利用することが可能です。 ほかのプリペイドカードと比較して、使える範囲が広い点が魅力でしょう。クレジットカードの代わりにブランドプリカを利用される方もいらっしゃいます。
それに対して特化型のプリペイドカードは、特定の店舗専用のカードです。 ハウスプリペイドとも呼ばれ、チェーン展開しているスーパーやドラッグストア、飲食店など、発行した会社の店舗でしか使えない代わりに、ポイントサービスが充実しているのが特徴です。

プリペイドカードのメリット

手軽さで広く利用されているプリペイドカードですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。プリペイドカードのメリットを具体的にご紹介します。

手軽に発行できる

プリペイドカードには入会のための審査がなく、入会費や年会費もかかりません。クレジットカードは18歳以上と申込み制限を設けている場合が多いですが、プリペイドカードは特に年齢制限がないものもあります。 発行が手軽にできるのは、プリペイドカードのメリットでしょう。

使いすぎの心配がない

入金した分以上は使えないため、使いすぎる心配がない点もプリペイドカードのメリットです。最近はキャッシュレス決済の勉強を兼ねて、子供のお小遣いをプリペイドカードにチャージする形で渡すケースもあるようです。 親にとって、使いすぎを防止できることと、使用履歴がわかることは、プリペイドカードのメリットでしょう。

ポイントプログラムがある

中には、クレジットカードのようにポイントプログラムを設けているプリペイドカードもあり、使うたびにポイントを貯められます。現金で支払うより、ポイント付与の分だけお得になる場合があるでしょう。

セキュリティ性が高い

匿名性が高く、海外旅行やオンラインショッピングの際に決済情報を入力するのが心配という人も、プリペイドカードなら安心して使えるでしょう。 チャージした金額以上は使えず、さらに一時的にカードの利用を停止できるタイプや、ご自身の名前をカード名義人として入力する必要もないタイプも多いため、紛失や盗難の際に被害を最小限に抑えられます。

プリペイドカードのデメリット

メリットがたくさんあるプリペイドカードですが、使う前にはデメリットも押さえておきましょう。プリペイドカードの主なデメリットは下記のとおりです。

分割払いに対応していない

プリペイドカードのデメリットとして、基本的には1回払いのみという点があります。分割払いやリボ払い、ボーナス一括払いなどには対応していないため、高額の支払いにはあまり向いていないかもしれません。

チャージに手間がかかる

事前にプリペイドカードにお金をチャージしておかなければ、使えないことを手間と感じる人もいるでしょう。 チャージの手間を気にする人は、事前に多めのチャージをするか、自動チャージ、定額チャージなどの機能がついたプリペイドカードを選ぶのも良いでしょう。 ただし一度チャージしたお金を現金化できないカードも多くあり、現金化できる場合も手数料が発生するカードもありますので、払い戻しが可能かと、払い戻し手数料がかかるのかは、 プリペイドカードの選択前に確認が必要です。

補償が期待できない

紛失や盗難、不正利用があった際には、入金額以上の被害はありませんが、補償内容はプリペイドカードの発行会社によってまちまちです。中にはまったく補償がないところもあり、その点はデメリットといえるかもしれません。

クレジットカード・デビットカードとの違い

プリペイドカードと似た決済方法に、クレジットカードとデビットカードがあります。

プリペイドカードとクレジットカードの大きな違いは、前払いか後払いかでしょう。プリペイドカードを使うためには、あらかじめ現金をチャージしておく必要がありますが、 クレジットカードは支払い口座を登録しておくことで、使用した分が後から引き落とされます。
プリペイドカードはクレジットカードのように分割払いに対応しておらず、1回払いのみという点も違いのひとつです。

一方のデビットカードは、利用と同時に、預金口座から利用金額が引き落とされるカードです。入会金や審査がない場合が多く、基本的に1回払いのみという点でプリペイドカードと似ています。
デビットカードは普通預金口座の開設が必要という違いはありますが、デビットカードは預金口座残高の範囲内で、プリペイドカードは事前のチャージ額の範囲内で即時決済という点も似ているでしょう。

【プリペイドカードGAICA(Flex機能付き/アプラス発行)について】
便利なFlex機能付きプリペイドカード「GAICA(Flex機能付き)」

「GAICA(Flex機能付き)」は、新生銀行グループの株式会社アプラスが発行しているプリペイドカードです。 年会費やカード発行手数料、チャージ手数料は無料。満13歳以上(親権者の同意が必要)の国内居住者なら、Eメールアドレスがあれば審査なしで発行できます。 チャージや払い戻しは専用サイトから24時間可能で、払い戻し手数料も無料です。

国際ブランドのVisaと連携したブランドプリカのため、クレジットカードと同様に200以上の国と地域で使用できます。Visaのタッチ決済に対応しており、 タッチ決済対応店舗では、カードを店員に手渡さずに決済できるため、スキミングの不安なく支払いができるでしょう。海外ATMで現地の通貨を引き出すことも可能で、旅行中など海外で急に現金が必要になったときも安心です。

GAICA(Flex機能付き)は、新生銀行の「新生総合口座パワーフレックス」を持っている人であればお申込みが可能です。 GAICA(Flex機能付き)は日本円以外に米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルでのチャージが可能(※)で、当該通貨を海外現地ATMで引き出すこともできるので、お手持ちの外貨預金をチャージして利用することも可能です。 また、オートチャージや毎月定額チャージも可能なため、チャージ忘れの心配もありません。お小遣いや生活費の管理にも便利でしょう。毎月定額チャージを利用して、旅行代金を積み立てている方もいらっしゃいます。

※ チャージが可能な通貨は日本円以外に米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル
※外貨のチャージは有料

プリペイドカード|新生銀行

プリペイドカードで便利な生活を!

プリペイドカードは審査なしで発行でき、あらかじめチャージした金額が上限になるため、使いすぎを心配する必要もありません。 国際ブランド付きであれば、クレジットカードとほぼ同様にさまざまな場所でキャッシュレス決済が可能になります。 海外旅行やオンラインショッピングでカード名義人の情報を入力するのに不安がある場合も、プリペイドカードなら安心して利用できるでしょう。
プリペイドカードを利用して、便利にキャッシュレス決済を利用してみませんか。

※「QUOカード」は株式会社クオカードの登録商標です。
※「図書カードNEXT」は日本図書普及株式会社の登録商標です
※「Suica」は東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※「楽天Edy」は楽天グループのプリペイド型電子マネーサービスです。

プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)は、あらかじめカードにチャージ(入金)した範囲内で、お支払いができるカードです。 入会審査はなく、発行手数料・年会費は無料、最短でお申込みから1週間程度でお手元に届きます。会員サイトから24時間チャージや払い戻しが可能で、即時反映されますので、急なご利用の際も安心でしょう。
Visaマークのあるお店なら、国内でも海外でもクレジットカードのように利用でき、Visaタッチ決済対応なのでスキミングの心配がありません。 利用するだけでポイントが貯まるポイントプログラムもご用意しています。詳細は、下記のウェブサイトをご覧ください。

プリペイドカード GAICA(Flex機能付き)|新生銀行

  • 執筆者が本人の責任において制作し内容・感想等を記載したものであり、新生銀行が特定の金融商品の売買や記事の中で掲載されている物品、店舗等を勧誘・推奨するものではありません。
  • 本資料は情報提供を目的としてものであり、新生銀行の投資方針や相場説等を示唆するものではありません。
  • 金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料を良くお読みいただき、充分にご理解されたうえで、お客さまご自身の責任と判断でなさるようお願いいたします。
  • 上記資料は執筆者が各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を新生銀行が保証するものではありません。

前へ

筋トレにハードさもストイックさも不要!軽めにコツコツが継続の秘訣

次へ

クレジットカードのステータスは高いほうが良い?メリットと特徴とは